JEEPのバッテリーを立て続けに上げてしまった。
出かけようとしたら、アレッ ウンともスーとも言わない(参ったなぁ)

誰かに助けてもらわなければならない。

ブースターケーブルは車の常備品だった。

愛車のJEEPはアナログチックな車だ。
ドライブレコーダーや空気清浄機など後付けである。それが好きで乗っているのではあるが、ドジで何度かバッテリーを上げてしまった。

結局、誰かの世話にならないと動かない(ーー:)

ネットで発見! ジャンプスターター!

即買いしてしまいました(笑)


バッテリー上がりは場所によっては、JAFを頼むことになるかも知れない。

誰かの世話にならなければならない。

ジャンプスターターなるモノを全く知らなかった。
これも、愛車の常備品になる。
排気量が3800ccなので、12V 2000mA の気持ち大きめのモノにしました。
それでも、8,800円 コスパは良いと思います。

パソコンや携帯電話などの充電もUSB端子がありOK!
LEDランプで緊急時に助かりそう。

バッグに入れて持ち運ぶにはチョット大きいが、緊急時には活躍してくれそうだ。


ジャンプスターターの使い方は?

使用方法は極めて簡単です。
車の知識があまり無い方でも、いたってシンプルです。

バッテリーの赤色の端子に赤のケーブルのクリップを繋ぎ、黒色の端子に黒のケーブルのクリップを繋ぐだけです。バッテリーの配線と同じ色のクリップを取り付けるだけです。あとはエンジンを始動すればOKです。

ジャンプスターターを選ぶ!

購入時の選び方での注意点は?

ボルト数(V) 12V

軽自動車から普通車まで、乗用車は基本的にすべて12V です。

1トントラックや大型トラックは基本的に24V です。

最大電流(A)

軽自動車や排気量の少ない車は、余り気にする必要はないと思いす。排気量の大きい車は、電流が低いとエンジンが始動できない場合があるので、やや容量の大きいモノが無難でしょう。

電池容量(mAh)

業務用で使わない無い限り気にする必要は無さそうです。ただ、モバイルバッテリーとして使用する場合は、コンパクトがイイですよね。大きさや容量を検討してみて下さい。

保護機能

逆接続やショートなどをしてしまった場合の安全保護機能が備わっているものが殆どのようです。

追加機能

USBポートが複数ついています。車のスターター以外にもモバイルバッテリーとして使用できる便利な機能がついているものもあります。LEDライトが点いて、緊急用に点滅使用などもあります。