鎌田式かかと落とし

鎌田式スクワット  鎌田實

「かかと落とし」は、骨を再生する骨芽細胞に刺激を与え、骨密度を上げる効果が期待できると言います。

日常生活の「スクワット」や「かかと落とし」は、原稿を書き終えた後など、仕事の合間に行っていると言います。

焼肉やステーキ、カツ丼なども食べるが、ご飯は少なめにしているようです。毎日体重計に乗り、ご馳走を食べて、体重が増えた後は、ご飯の量を減らすなどして、2日後には元の体重に戻してると言います。

医師の鎌田實さんは約3年前から実践し、体重は9kg減り、ウエストは9cm細くなった。骨密度は若年成人平均比で130%になった。

「かかと落とし」は、かかとを床に着けたまま、爪先をゆっくり上げ、
約2秒保つ(上)

次に爪先立ちになった状態を約2秒キープ(中)

かかとをドーンと落とす(下)

これを1日1回として
1セット10回を1日3セット行う。

72歳の1年間は、wordpressに夢中! 完全に運動不足!でした(−−:)

2,000時間以上、夢中で、WordPressに取り組んでいました。不完全なHPやブログでしたが、チャレンジ開始しました。見事に足腰も不安定になってしまいました。自己管理が下手くそです(ーー)

今年は誕生日をきっかけに、体力面を充分意識しながら生活していきたいと考えています。自己管理が下手なので要注意!ですが、気張ってやらなくても出来る事から実施していきたいと思ってます(苦笑)

鎌田實先生の、「スクワット」と「かかと落とし」は、簡単・気軽に出来るので続けられそうです(笑)

「かかと落とし」は、体力が落ちているなと感じる方は、是非実行してみて下さい。自分の場合は、数日で効果が出ました。予想外に効果てきめんです。

健康=筋活+骨活+食事

1日に筋肉をつくるタンパク質は60グラム以上野菜は350グラム以上。野菜には抗酸化作用があり、がんや動脈硬化、認知症などの原因になる慢性炎症を防ぐ効果があるようです。

野菜350グラム

老化を左右するのは実年齢より「主観年齢」