人間、追い詰められた状況で本性が出る。

毎日、武漢ウイルスの状況は酷くなる一方です。
仕事にならない、だが経費や生活費は遠慮無しに発生する。
飲食店関連の人など、殆ど風が吹けば飛ばされるような零細企業。

国家は税金は巻き上げるが、非常事態でも出し渋るだけ。
国家に期待することは出来ない!
かつて戦争時に、青年や少年少女まで召集し、悲惨な死に追いやった。
現在だって同じだ。

国税や税務署(財務省の出先機関)も庶民のことなど考えていない!

法律に基づき届出や許可を得て、納税もしている。
だが、救済は糞味噌一緒で職業差別をしている。
正直者が馬鹿を見る社会になっている

追い込まれた時に、国家も政治家も個人も本性が出る。

世界的には、WHO・国連も完全に病んでいるようだ。
政治家も同じ、また個としての人間も同じだ。
こんな時期だからこそ、色々とあぶり出され、本性が出る。

倒産か自殺か、そんなところまで追いやられる人が無数出る。
でも、死ぬことは無い。
生き抜くことが大事だと思う。

どんなに苦しくても
粗にして野だが、卑ではない!
こう、言い切れる生き方をしたいと思う。

歯を食いしばって、食いしばって生き抜かなくてはならない。

ピンチはチャンス!

大きく世の中が変わる。
価値観が変わる。
そこに必ずチャンスも生まれる。

全てリセットして、考えて行こうと思う。

この苦難でも回りの人に気配りが出来、そして勇気を持って、前向きに戦かって行ける人!

この混乱の中、仲間や友や政治家も見極める絶好のチャンスだ!

必ず再起は出来る! 

まだ、自由に動かすことが出来る身体さえ有れば、幸いだ!
その身体に感謝し、先祖に感謝し、鍛えながら頑張っていこうと思う。